予想結果&振り返り

カ・オ・ス・す・ぎ・る(1183回toto結果)

投稿日:

サッカーくじトトの結果をpdcaサイクルでしっかり振り返る

サッカーくじトト6試合的中アイキャッチ画像

6試合的中。

しゅうちゃん
J1もJ2も、なかなかな「カオス」状態。
熟考したJ1枠、
8試合中2試合しか当たらず・・・。
逆に、時間なく、サッと決めたJ2枠、
5試合中4試合当たる。
どうすりゃいいんだ(泣)

さあ、落ち込む時間があれば、総括し次につなげよう!

あくまでもポジティブ思考!

黄色マーカー → 読みが〇

赤マーカー  → 読みが×

赤太文字は、追加メモ。

↓それでは、予想記事の振り返り
いってみよう!

しゅうちゃん
今節は、無謀にも「仙台」を波乱候補にしてみます
仕事、がんばっておるのう。よいことじゃ
toto神さま
しゅうちゃん
toto神さまぁ。見ていてくれてたんですねぇ(感涙)
J2の予想が適当なのは、仕事が忙しいおかげじゃ
それでいいんじゃ。男は仕事で結果を出せばいいんじゃ
toto神さま
しゅうちゃん
・・・・

「totoでは結果が出ない」ことを予言してtoto神さまは消えてった・・・

コロナ、自然災害等の影響・被害が広がることなく
平穏な日々が早く戻りますよう心より祈ります。

それでは、いってみよう! 

1183回 toto予想はズバリ!コレだ!

(スマホでご覧の方は、左右スクロールで表の全体が見れます)

1183回

ホーム アウェイ 予想 結果
H勝
(1)
H分
(0)
H負
(2)
神戸 横浜M   ココ ハズレ(0) 神戸 3-3 横浜M
札幌 名古屋   ココ ハズレ(0) 札幌 0-0 名古屋
浦和 大分 ココ ハズレ(1) 浦和 2-1 大分
川崎 清水   当たり(1) 川崎 5-0 清水
広島 仙台   ココ ハズレ(0) 広島 1-1 仙台
鹿島   ココ ハズレ(2) 柏 2-3 鹿島
G大阪 F東京   ココ ハズレ(2) G大阪 1-3 F東京
横浜C C大阪   当たり(2) 横浜C 1-2 C大阪
甲府 栃木 ココ ハズレ(2) 甲府 0-1 栃木
10 長崎 大宮     当たり(1) 長崎 1-0 大宮
11 松本 徳島     当たり(2) 松本 1-3 徳島
12 山口 金沢   当たり(2) 山口 1-3 金沢
13 北九州 千葉     当たり(1) 北九州 3-2 千葉

購入金額   3200円  トリプル× 0枠  ダブル× 5枠  シングル× 8枠

予想ポイント(簡易バージョン)

①ミッドウィークに試合のあった両チーム。

 神戸は「ダントツ首位の川崎」とドロー。
 横浜は、札幌相手に4得点(札幌1得点)と圧勝。

 安易に絞るのは、非常にためらうが、
 横浜、新加入のJサントスが、早くもフィット。
 仲川にもゴールが生まれた。
 直近3試合で、11G(平均3.67)と攻撃絶好調。

 本命は、もちろん横浜M。

 神戸のVやドローも抑えたいが、予算の関係上、1択勝負。
  → 横浜、89分まで3-1でリード。
   90分に藤本、アディショナルタイムに古橋にゴールを許す。
   やらかした。

②ミッドウィークに、横浜FMにボロ負けの札幌。
 直近5試合勝ちなし(2分3敗)
 加えて、鈴木武蔵の移籍。
 「いつまでも、ある(いる)と思うな。親と金」
 いなくなると、あらためて存在のありがたさが分かるっていう状態。

 名古屋は、23日(日)の川崎撃破から、中5日で試合に臨む。
 金崎がやっとゴールを挙げ、しかもあの川崎攻撃陣を0封。
 (金崎も、ゴール挙げると「やっぱり大事だなぁ」とありがたさが湧く)

 名古屋は、シーズン 8失点(平均0.73)と守備が固い上に、
 前田・シャビエル・阿部(阿部は出場微妙だが)、そして金崎など、
 期待できる得点源もいる。

 ここも、「万が一」を渋々あきらめ、
 鉄板の名古屋Vで一択勝負!

 →まさかのスコアレスドロー。

順位的には、「浦和」。
 ただ、大分の粘り強さは、侮れない。
 特に、前節の柏戦、レベルの高い多くのストライカーがいる柏を
 相手に、スコアレスドローで粘りを見せた。

 今節、ワンチャンあるかもしれない。

 「大分が負けない」で勝負してみる。

 本命 ドロー。抑え 大分のV。

 →大分、幸先よく先制するも、浦和のレオナルド、橋岡にゴールされ逆転負け。
  ※橋岡選手、息子と近所のフットサル場で写真撮ってくれた選手。
   少し、嬉しい。
  浦和も、調子上がってきたかな。大分も決して悪くない。

④前々節、名古屋に負け、ついに連勝ストップの川崎。
 ミッドウイークも神戸にドロー。
 アウェイ2連戦で勝ちきれなかった。

 今節は、メンバー入れ替えてくるはず。
 (とはいえ、選手層厚いので、あまり心配はないが)

 一方、清水は、ミッドウィークに試合がなかったが、
 横浜M、横浜FCと、横浜勢に2連敗中。

 うーん、「期待してる」と言い続けては裏切られている。

 さらに、ショックなのは、鄭大世が、移籍してしまった。

 どうしよう。

 川崎が強いのは分かっている。実力差もアリアリ。

 振られ続ける相手こそ、愛おしい。(ストーカーかっ)

 ということで、中途半端に愛おしさが残っており、

 「清水、ドローまで踏ん張れるかも」と、また懲りずに期待してみる。

  →清水、あまりの大敗に言葉も出ない。
   今後も、相手次第。
   「強豪にはしばらく勝てない」と今節で見切った。

広島、少し調子落としている。
 リーグ3試合勝ちなし。

 横浜M 1-3 負け
 F東京 3-3 ドロー
 浦和 0-1 負け

 まあ、いづれも難敵だったので悲観することもないかも。

 仙台も調子いいとはいえない。
 ジャーメイン良、復帰できるかなぁ。
 →ジャーメイン、まだ、ベンチ入りしてない。
 とにかく、故障者が多い。

 ただ、前節のC大阪戦では、なんとなく粘りが見えた。

 広島、レアンドロ・ペレイラ、ドウグラス・ヴィエイラが得点しそうだが、
 →レアンドロ・ペレイラ 1G。

 直近の失点の多さは気になる。

 本来なら、「広島」は押さえておくべきだよなぁ。

 ただ、予算の関係上、

 思い切って、仙台勝利の1択勝負!
 →微妙に、ドローだった。うーん、読みが甘いなぁ。

⑥柏、前節、大分にドローだったが、
 やはり、オルンガほか、攻撃は侮れない。
 
 そして、ミッドウィークを戦った鹿島に比べ、
 戦術対策を立てる時間があった。
 (戦略家のネルシーニョ監督、なんらかの鹿島対策をするはず)

 鹿島は、前々節のG大阪戦をドロー。
 ミッドウィークのF東京戦では1-0で勝利。

 調子上向き。

 エヴェラウドが、得点源となりつつある。

 実力伯仲なのだが、それでも柏の攻撃力を信じたい。

 もう一度、言わせてほしい

 「オルンガがオルンガ!」

 柏Vで勝負!

 →オルンガ2Gも、鹿島の土居が、89分+アディショナルタイムに2ゴール。
  逆転負け。もう、何を信じていいのか。分からん。

⑦G大阪の意地に期待したいが、
 ミッドウィークの鹿島戦で、F東京の長谷川監督は、
 あえて、スタメンをいじった気がする。

 それは、G大阪戦を見据えたものでもある気がする。

 今シーズン、F東京は「アウェイ」に強い。
 負けがない。

 ガンバ、侮れない。Vを入れておきたい。
 もっといえば、予算あれば、事前的中3択したい枠。

 しかし、予算のないボクは、「決断」せねばならない。

 中2日とハードスケジュールではあるが、長谷川監督の「選手のやりくり」のうまさと
 「F東京アウェイ負けなし」のジンクスを掛け合わせて、禁断の「ドロー」一択。
 →もっと思い切って、F東京に懸けるべきだった。決断の弱さ。

セレッソ、本命。きちんと押さえておこう。

 が、横浜FCがJ1で戦えるようになってきた。
 若手の選手たちに期待!

 イバが移籍したけど、そんな時こそ、一致団結!

 上位チーム相手に、厳しいが4連勝を期待!

 →さすがに4連勝は厳しかったか。
  若手の松尾がゴール。
  チーム自体は、実力はあると見ておこう。

 根拠に乏しいが、横浜FCの勝利も抑えておこう。
  

⑨得点力では、甲府。
 甲府は、今季ホーム戦でも負けなし(4勝3分)。
 本命とする。

 ただ、栃木も前節は福岡に負けたものの、それ以前は6戦負けなし(3勝3分)
 粘り強く戦っている印象。

 得点力のなさを、堅い守備でカバーしている。
 今季 10失点(平均0.71)

 意外と栃木が粘り、ドローまでは行けるかもしれない。

 押さえで、ドロー「0」も。
 
 →ドローどころか勝っちゃった・・・

⑩大宮、イバが加入する。
 うーん、早速活躍しそうな気配。
 
 だけど、フィットするのに少し時間がかかるかも。

 相性も、通算 長崎の0勝0分4負。
 逆に言えば、大宮、長崎に全勝。
 (まあ、2015年と2019年の4試合なので、あまりあてにならないけど)

 うーん、波乱の匂いがする。

 そうとはいえ、

 今季の状況を見ると、長崎の好調ぶりと、大宮の不調ぶりが明白。

 今回は、調子の差を素直に真じる。

 長崎が、ジンクスを破り、大宮から初の勝利を空想し、今からワクワク。

 長崎Vの一択。

 →問題なく、長崎だった。大宮は、まだ微妙かなぁ。

⑪松本 今季 12得点(平均0.86) 20失点(平均1.43)
 徳島 今季 24得点(平均1.71) 12失点(平均0.86)

 徳島Vの一択。

 でも、ここも波乱の匂いがプンプンするなぁ。
 うーん、予算がないので、別で1口買えれば、押さえてみようかなぁ。

 →波乱どころか、問題なしの徳島勝利。松本、厳しいなぁ。

⑫金沢、前節 磐田に0-6と大敗。
 リバウンドメンタリティーを持ってるとは思うが、
 ルカオの離脱は気になるところ。

 山口も、なかなか調子がつかめないところだが、
 ホームで、粘りの「ドロー」を勝ち取れる可能性も空想してみる。
 
 →ここは、金沢一択でよかった。もったいない枠だった。

⑬北九州、なんなんだ、この強さは。
 連勝はいつか止まると思うが、今は勢いがありすぎ。
 (サポーター、嬉しいだろうな。うらやましいなぁ。
  昨年の琉球見てるみたいで、僕も、ワクワクしてしまう)

 本当は、千葉も侮れないんだけどなぁ。
 今回は、キャリーオーバー溜まっており、
 意外と、ここも波乱抑えた方が、「大金GET」チャンスある気がするが・・・

 予算の関係もあり、ここは、絶好調の北九州を信じて。

 北九州のV 一択。
 
 → 北九州、先制されるも、ポンポンって、あっさり逆転。
   強いなぁ。
   千葉、クレーペ2得点。今後、要注意。

気持ちに余裕があれば、あと1,2口、
上記の予想をベースにしつつ、変化をつけて購入してみます。

あくまで、素人予想ですのでご参考までに。 

↑振り返りは以上。

購入回数(1115回~) 38回
通算的中数 255/494
通算的中率 51.6% ↓

※中止試合は「的中」にカウントしています。
※追加購入の的中数は、加えておりません。

※アイキャッチ画像は
トムセン少佐さんによるイラストACからのイラスト。 感謝。

 

 

-予想結果&振り返り

Copyright© toto予想とJリーグ情報で1等当選「トトのいました」  , 2020 All Rights Reserved.