予想結果&振り返り

【1230回toto結果】栃木タサッカーがマサッカー(泣)

投稿日:

サッカーくじトトの結果をpdcaサイクルでしっかり振り返る

サッカーくじトト10試合的中アイキャッチ画像

今回は、予算もかけて、本気で狙ったので、
落込み具合がハンパない。

鳥栖は、しょうがない。

でも、

栃木、田坂監督の俗にいう「タサッカー。」
なんで今回、いい方向に「本領発揮」なの?

やはり、totoは、どこかで「マサッカー」の枠が出る。
それと、いつものマイジンクス「迷わせ磐田」。
勝つと思うと負け、負けると思うと勝ち、
絶対に引き分けはないと思うと、引き分ける。
やっぱ、どうせ、予算かけるなら、ここに3択すべきだった。
(もう、毎回、毎回、毎回、毎回っ・・・・!)

さあ、落ち込む時間があれば、総括し次につなげよう!

あくまでもポジティブ思考!

黄色マーカー → 読みが〇

赤マーカー  → 読みが×

赤太文字は、追加メモ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

↓それでは、予想記事の振り返り
いってみよう!

しゅうちゃん
時間ギリギリまで悩んだため、締め切り後のブログアップになってしまいました。
今回は、事前的中「トリプル」も2枠使い、少し厚めに買ってみました。
実質、11試合勝負です
昔のように、「あきらめない精神」感じたぞ。集中しておったのぅ。健闘を祈っておるぞ。
toto神さま

ひさびさに、優しいお言葉を頂き、toto神さまは消えてった。

 

コロナ、自然災害等の影響・被害が広がることなく
平穏な日々が早く戻りますよう心より祈ります。

それでは、いってみよう! 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1230回 toto予想はズバリ!コレだ!

(スマホでご覧の方は、左右スクロールで表の全体が見れます)

1230回

ホーム アウェイ 予想 結果
H勝
(1)
H分
(0)
H負
(2)
札幌 神戸   当たり(2) 札幌 3-4 神戸
F東京 仙台     当たり(1) F東京 2-1 仙台
清水 当たり(2) 柏 1-2 清水
鳥栖 福岡 ココ   ハズレ(0) 鳥栖 0-0 福岡
徳島 横浜C 当たり(1) 徳島 2-1 横浜C
大分 広島   当たり(2) 大分 1-3 広島
浦和 川崎     当たり(2) 浦和 0-5 川崎
湘南 C大阪   当たり(0) 湘南 0-0 C大阪
鹿島 名古屋     当たり(2) 鹿島 0-1 名古屋
10 琉球 長崎     当たり(1) 琉球 3-1 長崎
11 北九州 秋田   当たり(0) 北九州 1-1 秋田
12 山形 栃木   ココ ハズレ(2) 山形 1-2 栃木
13 京都 磐田 ココ ハズレ(2) 京都 3-4 磐田

購入金額 28800 円  
トリプル× 2枠  
ダブル × 5枠  
シングル× 6枠

予想ポイント(簡易バージョン)

鉄板は、F東京鳥栖川崎山形(相手の現状も鑑みて)

→そもそも「鉄板」で2枠外したのが敗因。
 得票率、下位の1位~3位のうち、どれかは「大穴保険」かけるべきだ。  

鉄板以外の1点勝負は、

【鹿島 VS 名古屋】(9枠) 名古屋V

鹿島、前節、前半37分、DF関川がレッドカードで、数的不利のまま、
福岡に負けた。
いまいち、調子が戻らず、暫定14位(1勝1分2敗)。
MF和泉、土井も試合中に負傷。
今節の出場可否は分からないが、連戦最終に痛手。

名古屋は、絶好調。リーグ5連勝。
守備が安定している。
今季リーグ1失点。直近3試合、横浜C、神戸、柏を0封。

得点力が高いとは言えないが、今の勢い、相手(鹿島)の調子の悪さ、
マッシモ・フィッカデンティ監督の対策のうまさ。
そして、今節は、阿部(浩之)選手あたりが、久々に出て得点決めてくれることに期待。

鹿島のネームバリューに、ついつい「ドロー」も入れそうになるが、
名古屋の勝利を信じて、1点勝負。

【琉球 VS 長崎】(10枠) 琉球V。

もちろん、琉球本命。開幕3連勝中。攻守とも、かみ合っている。
とくに、今季は、課題だった守備に、すごく改善がみられる。

そして、絶対勝利信じているからこそ、逆に「長崎」が怖く感じる。
どこかに、琉球が隙を作ってしまわないか不安になる。

ただ、樋口監督の3年目は、今までに目指してきたものが、より明確化され、
選手たちも、より共有しながら、一丸となれているところが強い。

選手たちのコメント見る限り、「目指している理想像」が明確なため、
勝っても「まだまだ満足していない」というような気持ちが伝わる。

そういうチームは強いと信じている。

長崎も、好きなチームなので、心苦しいが、
いまのところ、スタイルが安定していない気がする。

やはり、今のところ、攻守の安定力は琉球に分がある。
ホーム戦と言う意味でも、琉球の勝利を信じる。

 

ダブルは、

【札幌 VS 神戸】(1枠) 本命 →神戸V。 押さえ→ドロー。

ホームで強い印象のある「札幌」なので、すごく悩む。

ただ、前節の神戸は、王者・川崎相手に、1-1のドロー。
川崎の攻撃をよく凌いでいた。
川崎のゴール取り消し&アディショナルタイムが長かったおかげで、追いついたという側面もあるが、
闘志のこもった戦いだった。

→後半3点ビハインドを逆転するという荒業。信じてよかった。
 最初、神戸の1点買いを選択していた。それであれば、予算だいぶ削減できていた。

前々節も、好調な名古屋に負けはしたものの、0-1の僅差。

その前の節は、F東京の3-2で競り勝ち。

札幌は、チャナティップ、ジェイのコンディションが読めず、
※スタメン 確認 → チャナティップ スタメン。 ジェイはメンバー外。
ドウグラス・オリヴェイラは、戦線離脱。
戦力的に、厳しい戦いになる。

なんとなく、ネバリ強く戦えている神戸が本命。
※スタメン確認 → 神戸 ドウグラス、メンバー外。

ただ、札幌は、ホームで強い印象もあり、粘りのドローも押さえておく。

 

【大分 VS 広島】(6枠) 本命→広島V  押さえ→ドロー

安定しているのは「広島」。リーグ負けなし(2勝3分0負)
前節のGOAL3予想で、「ジュニオール・サントス、ドウグラス・ヴィエイラがいないのは痛い。」
と書いたが、それでも、清水に勝った。

派手さはないが、やはり強い印象。

一方、大分も、なかなかしぶとい戦いをしている。

C大阪相手に、負けはしたが0-1。F東京とは1-1のドロー。
広島も、大分には苦戦するかもしれない。

今季は、広島のドローの多さも考慮して、負けはしないもののドローはあると予想。

【湘南 VS C大阪】(8枠) 本命→C大阪V 押さえ→ドロー

C大阪が本命。現在13得点とリーグ2位の攻撃力。大久保の調子がいい。
また、A代表に坂元が選出され、気合が入っているはず。
「負け」はないと判断。

だが、湘南は、前節のF東京戦、その前の仙台戦をみる限り、攻撃は悪くない。
(守備に課題はあるが)
F東京戦でも、負けてしまったが、得点力を武器に、今節、「万が一」のドローはあるかも。

「toto的にも、美味しそうな枠は、ここじゃないかなぁ」とヤマを貼っているので、
ドローも加えて、「C大阪」が負けないという2択にする。

→ ここは、読みがすごく良かった。ただ、あの大雨の中だと、
  両チームとも得点するのは困難。今回の試合は、あまり今後の参考にしないようにする。

【北九州 VS 秋田】(11枠) 本命→秋田V  押さえ→ドロー

北九州、昨季のような勢いが感じられない。
立て直しには、少し時間がかかりそう。
初戦で新潟に4失点をはじめ、現在、3試合で7失点と、守備が安定していない。

一方、昇格組の秋田は、J2にも慣れてきたかも。
特徴的なのは、(言葉は悪いが)「ドン引き」の守備。
とにかく、守備を固め、どこかで、相手のスキがあれば、攻撃スイッチオンって感じ

開幕戦、群馬に 1-2で敗れたものの、続く、栃木、千葉を0封。

それを考えると、今回も「0」封の確率は高く、対戦相手が「0点」=「負けはない」と判断。
北九州相手に、得点とる可能性も高いので、秋田を本命に。

ただ、当日の北九州の調子によっては、攻めあぐねる可能性もありそうなので、
スコアレスドロー前提の「0」も押さえておく。

→結果は、引き分けで「0」だったが、スコアレスドロー予想は外した。

【京都 VS 磐田】(13枠) 本命→ドロー  押さえ→京都V

京都は、前節の大宮戦、18分に得点したものの雷雨のため中止。中途半端なリズムを作らざるをえなくなった。
そのため、現在、2試合の消化となるが、1勝1分と負けなし。(相模原に勝ち、松本とドロー)。
勝利したとはいえ、相手は相模原。また、ドローとなった松本は、決して調子が良さそうな感じがしない。

キジェ監督のスタイルが、ハッキリしている感じがあるので、選手たちに徐々に、浸透してゆく感じかな。

シーズン前半は、「様子見が必要」な感じがする。

→だったら、なぜ磐田を外した?根拠とマーキングが乖離してるじゃないか。悪いクセが出た。

一方、磐田も、前節は、水戸に勝利(3-2)したとはいえ、開幕2連敗から、やっと勝利。
4得点は挙げているが、6失点しており、守備が、本当に安定しているか未知数。

→今回3失点、でもそれを上回る4得点。攻撃力の向上は、今後も要注意。

ということで、ここも、全く読めない。

非常に迷ったが、京都には、磐田キラーの、ウタカがいる。
今季は、まだ調子が出ていないが、得意の磐田戦でゴールし、波に乗るキッカケになってほしい。
願望でしかないが、そこに期待し「ホームの京都が負けない」の選択にすることとした。

→ここ、最後の最後まで、本当に迷った。ギリギリまで、事前的中3択選んでたのに、買う段階で、磐田Vを外した。
 ウタカは2得点と期待に応えたが、磐田が4得点。ほんと、マイジンクス「磐田」が、また、やってくれた。
 本当に悔やまれるし、本当に自分が情けなくなった1枠。

 

事前的中のトリプルは、

【柏 VS 清水】(3枠)

柏は、攻撃力がない。現在、呉屋の2ゴールのみ。
しかもリーグ1勝4敗。3連敗中。
だが、4敗の相手が、鳥栖、川崎、名古屋、C大阪と強豪ばかり。
まだ、序盤。
対戦日程のからみで、「調子が明らかにいいチーム」に連続で当たっていることが、
「極端に負けこんでいる」という印象につながっているかもしれない。

→深読みしすぎた。柏、残念ながら、オルンガいなければ、けっこう弱い。

清水は、試合見る限り、ロティ―ナ監督の戦術をじわりじわり、構築中という印象。
悪くないような気がするが、「きちんと勝ちきれるなぁ」という確信までになってない。
前節のGOAL3予想でも、かなり期待してた。
結果は負けたが、広島と互角の内容だった気がする。
やはり、GK権田の存在は大きい。

ここは、判断がつかず、事前的中の3択をすることにした。

→せめて、柏を外し、予算削減すればよかった枠。

徳島 VS 横浜FC】(5枠) 

どちらも、未だ勝ち星がなく、全く読めない。

徳島  0勝2分3負 17位
横浜C  0勝0分5負 20位

徳島、得点力がなく、現在、総得点3。
何よりも、開幕戦から監督不在というのは、すごくキツイ。
ただ、垣田の調子が良いので、今節もゴールが出れば、勝てる気がする。

→垣田に得点はなかった。

ホーム戦での奮起を期待。

横浜C、悪夢の開幕5連敗。厳しい。
直近 名古屋に3失点、C大阪に4失点。
調子のいい上位チーム相手とは言え、失点が多すぎる。
→オウンゴールやっちゃった。

また、得点力も徳島同様で弱い。現在、総得点3。

そして、なんといっても、守備が崩壊。
現在、3試合で16失点(1試合平均3.2点)。
守備の急激な立て直しは難しいかも。

ここは、横浜CのVは外そうとも思ったが、横浜の選手たちの実力はあるので、
「個」で打開っていうのもあるかもしれない。
→横浜C外して、他に使うべきだった。ほんと、悔やまれる。

toto的に、「意外と何かありそう」という臭いを感じたため、事前的中枠とした。
(当日、徳島の天候も良くなさそうなので)

→天気もそんなに悪くなかったらしく、toto的にも何もなかった。
 勘が全くさえず、自分が情けない。

以上。

スキマ時間あれば、あと数口、買ってみます!

あくまで、素人予想ですのでご参考までに。 

皆様の応援チームが勝利し、さらにtoto予想が当たり、
よいこといっぱい起こりますように!
(お互い「いつかは一等」、実現させましょうねぇ)

↑振り返りは以上。

購入回数(1115回~) 65回
通算的中数(枠) 433/845
通算的中率(枠) 51.2% ↑

※中止試合は「的中」にカウントしています。
※追加購入の的中数は、加えておりません。

 

※アイキャッチ画像は
トムセン少佐さんによるイラストACからのイラスト。 感謝。

(↓こちらもよろしければ)

【僕のプロフィール】

結果を恐れない プロフィールテーマ画像
totoとの出会いは運命だったかも(1等当選画像アリ)

ご訪問ありがとうございます。 「toto予想とJリーグ情報で狙え1等当選!~ゲットト~」の管理人しゅうちゃんと申します。 自己紹介させていただきます。 totoとの出会い 2014年6月。 「ブラジル ...

【このブログについて(登場人物紹介)】 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-予想結果&振り返り

Copyright© toto予想とJリーグ情報で1等当選「トトのいました」  , 2021 All Rights Reserved.