予想結果&振り返り

大胆に外したが、後悔はない【1224回toto結果】

投稿日:

サッカーくじトトの結果をpdcaサイクルでしっかり振り返る

サッカーくじトト外れ結果のアイキャッチ画像

 

 

 

4試合的中。

開幕戦対象なので「読めない」とはいえ、
ほんと、情けない結果。

一瞬、強烈に落ち込みましたが、
予想記事タイトルにあった「浦和・小泉選手(FC琉球から移籍)の活躍を期待!」は、十分に感じた。

そして、toto対象外ではあったが、我がFC琉球は、昇格候補と目される「磐田」に勝利。

だから、いいんだ。

粘り強く、あきらめない。コツコツと。そして何より「楽しむ」。

今シーズンのJリーグ観戦とtoto予想も、「サッカー素人」として、その精神で取り組みます。

あと数試合は、toto的には「様子見」しながらの挑戦になりそうかな。

さあ、落ち込む時間があれば、総括し次につなげよう!

あくまでもポジティブ思考!

黄色マーカー → 読みが〇

赤マーカー  → 読みが×

赤太文字は、追加メモ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

↓それでは、予想記事の振り返り
いってみよう!

 

しゅうちゃん
いよいよ、今シーズンが始まりますね。ワクワク。
おぬし、toto的には、基本を忘れるんじゃないぞ
toto神さま
しゅうちゃん
あー、はいはい。分かってますよ。
お花畑じゃのう。コロナ禍で悶々とした日々だったからのう。それも「良し」じゃ。
toto神さま

めずらしく「神」のような優しさを振りまいて
toto神さまは消えてった・・・

コロナ、自然災害等の影響・被害が広がることなく
平穏な日々が早く戻りますよう心より祈ります。

それでは、いってみよう! 

1224回 toto予想はズバリ!コレだ!

(スマホでご覧の方は、左右スクロールで表の全体が見れます)

1224回

ホーム アウェイ 予想 結果
H勝
(1)
H分
(0)
H負
(2)
浦和 F東京 ココ   ハズレ(0)浦和 1-1 F東京
大分 徳島   ココ ハズレ(0)大分 1-1 徳島
札幌 横浜C ココ ハズレ(1)札幌 5-1 横浜C
鹿島 清水   ココ ハズレ(2)鹿島 1-3 清水
C大阪   当たり(1)C大阪 2-0 柏
広島 仙台 ココ   ハズレ(0)広島 1-1 仙台
湘南 鳥栖   ココ ハズレ(2)湘南 0-1 鳥栖
神戸 G大阪 ココ ハズレ(1)神戸 1-0 G大阪
福岡 名古屋     当たり(2)福岡 1-2 名古屋
10 千葉 甲府   当たり(0)千葉 1-1 甲府
11 長崎 金沢     当たり(1)長崎 2-1 金沢
12 群馬 秋田 ココ   ハズレ(1)群馬 2-1 秋田
13 水戸 大宮   ココ ハズレ(2)水戸 1-2 大宮

購入金額 1600 円  
トリプル× 0枠  
ダブル × 4枠  
シングル× 9枠

 

予想ポイント

Jリーグ開幕戦(金)は、川崎が、普通に横浜FMを撃破し、「波乱ないのかなぁ」を予感させますが、

川崎は、「別格」と言う気もしますので、「何があるか分からない開幕戦」に期待します。

今回は、狙いの多い予想なので、支持率通りの順当勝ちが多ければ、かなり外すのも覚悟です。

 

【1】 浦和 vs FC東京

本命 浦和の勝ち 「1」  

 

うちの近所(沖縄の田舎)のフットサル場で、息子と写真撮ってくれた橋岡大樹選手は海外移籍。

レオナルド選手は離脱。さらに、沖縄で色々あった柏木選手はいなくなり、興梠選手・トーマスデン選手・西選手も万全じゃない感じ。

そんな浦和。

一方、アダイウトン、レアンドロ選手がしっかり残留。長谷川監督4年目で継続性バッチリのF東京。

普段なら、F東京一択ですが、ボクには、「一つの希望」があります。

FC琉球から浦和加入の小泉選手が、開幕スタメン、初ゴール・初アシストを決めるという希望。
※今、確認したら、バッチシ、スタメンです!

→ 初ゴール・アシストはならずも、開幕スタメンを勝ち取り、いい動きしてた。
  伸びしろは、まだまだあるけど、とにかく、いいスタート切った。

ということで、小泉選手が見せつけてくれることを期待し、無謀にも、あえて「浦和」1選択。

【2】 大分 vs 徳島

徳島の勝ち 「2」 

 

昇格組は、序盤は意外と健闘するイメージが強い。(対戦相手も実戦経験がなく、「やってみないと分からない」面があるのでは)

大分は、主力メンバーが結構入れ替わったところを、片野坂監督が、どう仕上げたかに懸るような気がする。

徳島は、メンバーはほぼ安定。だけど、監督がコロナ禍で来日できてない事態。

うーん、ドローもありそうだけど、まあ、過去5回の対戦(と言っても2018年以前)、徳島無敗というゲンも担いで見るか。

 

【3】 札幌 vs 横浜FC

本命 ドロー「0」  押さえ 横浜FCの勝ち「2」

 

普通なら、ホーム「札幌」のV一択だが、横浜の攻撃陣の補強がえぐい。

しかも、何かやってくれそうな「決定打」を放つイメージの強い選手ばかり。

特に、渡邉千真選手は、個人的にそんなイメージがつよい。

ほかにも、伊藤翔・ジャーメイン良・クレーべ選手。

なんか、怖くないっすか?

ということで、ドロー本命に、意外と「札幌が勝てない」という選択。

→ 横浜FC 5失点とボロボロのスタート。札幌、ミシャ監督のマンツーマンディフェンス2年目。形になってきた。
  札幌ホーム戦は、やはり「勝利」の確率を高めにしてもいいかも。

【4】 鹿島 vs 清水

鹿島の勝ち 「1」 

 

昨季の「清水」のイメージは持たないようにしないといけないチームが「清水」だと思うが、

鹿島は、昨季後半の流れから「安定」していそう。

→鹿島がスロースターターであることも、忘れないようにする。

清水のロティ―ナ新監督は、じっくりとチームを作って上昇してゆきそうなのと、

やはり、しばらくは、実力同等(昨季のイメージでいう実力だが)のチームからしっかり勝ち星を挙げるような感じかな。

→いきなり結果出す。最初の予想は、清水一択だった。予想陣やブログに影響された。己を貫けなかった結果。

ここは、支持率通りの「順当」で行ってみる。(本当はドローも入れたいが予算の関係上、しょうがない)

 

【5】 C大阪 vs 柏

本命 C大阪の勝ち「1」  押さえ ドロー「0」


「柏、オルンガがおらんが」ということで、戦力ダウンは否めず。

本命はC大阪の勝ち。しかも豊川選手・清武選手で2点GETと予想。
→なんと、大久保選手がいきなり得点。おそるべし。

念のため、ドローも押さえて「C大阪が負けない」選択にする。

 

【6】 広島 vs 仙台

広島の勝ち 「1」

 

ここは、「昨季のイメージ」重視。

手倉森監督の手腕にも注目したいが、やはり、地味だけど安定の「広島」有利な気がする。

広島 レアンドロ・ペレイラ選手がいなくなったが、ジェニオール・サントス選手が加入。

すでにフィットしているような感じも見受けられる。

→ジュニオール・サントス選手、1得点。今後も要注目。

何といっても、キャンプ中のトレーニングマッチ7チームに無敗なんだって。

トレーニングマッチは、あてにならない気もするが、7チームに「無敗」は、ある程度、仕上がっている気もするし、

何より、選手たちが、システムや戦術理解の面で、自信をもって開幕戦に臨んできそう。
→あてにならんかった。

順当の、広島V、一択で臨む。

 

【7】 湘南 vs 鳥栖

湘南の勝ち 「1」

昨季、どちらも微妙。

判断材料が、あまり見つからず、支持率も3つに割れている。

本来、3択したいが、予算なく、決断しないといけない。

昨季、2試合ともドローだったことを考慮するか迷ったが、

湘南にウェリントン選手が加わり、鳥栖は原川選手が移籍したことを重視し、

開幕戦のホームの勢いも考え、悩みに悩んで、湘南のVで勝負。

→当初、鳥栖一択だったのに、変更してしまった。己を貫かなかった自分の責任。

 

【8】 神戸 vs G大阪

本命 G大阪の勝ち 「2」  押さえ ドロー「0」 

G大阪、ゼロックス杯を観た感じで、川崎相手に、悪くない動きをしていた。

仕上がりは悪くないし、何より、実践感覚を早くつかめたことはアドバンテージになると思う。

ただ、選手のにケガが多そう(未確定の情報だけど)。

神戸は、主力守備陣の流出がネック。厳しい戦いになりそうな気がする。

根拠ないが、得票率から「穴」狙うとしたら、この枠のドローかなと踏んで、ドローも入れておく。

→全く見当はずれとなってしまった枠。神戸がしばらく読めなそう。

 

【9】 福岡 vs 名古屋

名古屋の勝ち「2」 

昇格組の福岡に期待したいが、名古屋の昨季の実力(&主力メンバーに流出なし)から見ると、

「実力の差」がはっきりしているような気がする。

名古屋は、補強も強力。木本、柿谷、齋藤学、長澤選手と、豪華メンバー揃えた。

サッカーは、何が起こるか分からないけど、「何も起こらず順当」の確率が高そう。

→今季は、名古屋が、「打倒、川崎」に絡んでくると思う。

 

【10】 千葉 vs 甲府

千葉の勝ち 「1」 押さえ ドロー「0」

 

選手移籍や補強の感じからすると、甲府かなという気もするが、

「J2は波乱が多い」という予感がしたので、あえて甲府を外してみた。

ここは、もう根拠なく「勘」。

→ 甲府、最初リードしてたんで、焦ったけど、まあ、「勘」のほうが当たるなぁ。

 

【11】 長崎 vs 金沢

長崎の勝ち 「1」

 

ここは、迷わず長崎一択。昨季の「実力差」を信じてみる。

金沢はルカオがいないので、少し攻撃力が弱くなっていそう。

→ 長崎、監督変われど、ある程度、路線継承で万全な感じ。上位戦線候補。

 

【12】 群馬 vs 秋田

秋田の勝ち「2」 

昇格組の中でもバランスがとられた戦いができていた秋田。

J2でも十分やれると思う。

そして、J2では、昇格初年度のチームは、飛ばす感じがある。

ここは、「大穴」いけると思う。

→今季は、昇格組の序盤ミラクルは、なさそうかな。

 

【13】 水戸 vs 大宮

ドロー 「0」 

ここは、ネームバリューに傾いた得票率となっている気がする。

大宮、主力選手の流出は痛い気がする。

ただ、水戸も同じように主力選手数名がいなくなった。

本当は、3枠抑えたいが、どちらも決め手を欠きそうで、勇気の「ドロー1択」で勝負してみる。

→結局、「大宮」という、普通の結果。投票率通り。個人的には「面白くない」枠となった。
 大宮が全く読めないなぁ。今後の課題。

 

以上。

 

あくまで、素人予想ですのでご参考までに。 

皆様の応援チームが勝利し、さらにtoto予想が当たり、
よいこといっぱい起こりますように!
(お互い「いつかは一等」、実現させましょうねぇ)

↑振り返りは以上。

購入回数(1115回~) 62回
通算的中数(枠) 408/806
通算的中率(枠) 50.6% ↓

※中止試合は「的中」にカウントしています。
※追加購入の的中数は、加えておりません。

※アイキャッチ画像は
トムセン少佐さんによるイラストACからのイラスト。 感謝。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-予想結果&振り返り

Copyright© toto予想とJリーグ情報で1等当選「トトのいました」  , 2021 All Rights Reserved.