予想結果&振り返り

J2・J3は沼・・・(1137回 振り返り)

投稿日:2019年11月17日 更新日:

サッカーくじトトの結果をpdcaサイクルでしっかり振り返る

サッカーくじトト7試合的中アイキャッチ画像

うーん 7試合的中かぁ。

J2の栃木・鹿児島・・・
J3の2試合、丸はずし。

→J3は、思いっきり逆を今後も狙う。

FC琉球が勝ったからいいものの。
負けてたら、ドヨーンとした日曜だったなぁ。

キャリーオーバー出てるので、次回に期待!

 

しゅうちゃん
昔、部下に「反省してますはいいから、結果出せ」って怒ったことあったけど・・・
今の自分に言いたい(泣)
totoとサッカーは人生を教えてくれるのう。
修行じゃのう。
toto神さま

 

さあ、落ち込む時間があれば、総括し次につなげよう!

あくまでもポジティブ思考!

黄色マーカー → 読みが〇

赤マーカー  → 読みが×

赤太文字は、追加メモ。

↓それでは、予想記事の振り返り
いってみよう!

今回は、佳境に入ったJ2・J3が対象。

激ムズです。

昇格・降格争い&ホーム最終戦試合など、監督・選手にとって緻密な勝ち点戦略やプレッシャーとの闘いにもなる。
「順位・実力」通りとはいかない対戦も多くありそう。
→もっと大胆に、思いっきり賭けてよかった。

もう「大穴」狙うしかありません。J3はまったく読めません。「感」でやるしかない。

※11枠「岡山VS横浜FC」はスタメン・ベンチメンバー見て変更するかもしれません。

→仲間ベンチ入りでしたが、変更なしで行きました。
結果OK。

それでは、いってみよう!

 

(スマホでご覧の方は、左右スクロールで表の全体が見れます)

1135
ホーム アウェイ 予想 結果
H勝
(1)
H分
(0)
H負
(2)
山口 山形 当たり(2)山口2-3山形
愛媛 琉球 当たり(2)愛媛1-2琉球
京都 千葉 当たり(1)京都1-0千葉
長崎 栃木 ココ ハズレ(2)長崎0-1栃木
東京V 徳島 当たり(2)東V1-2徳島
福岡 金沢 ココ ハズレ(2)福岡0-2金沢
大宮 新潟 ココ ハズレ(0)大宮1-1新潟
町田 当たり(2)町田0-3柏
鹿児島 水戸 ココ ハズレ(1)鹿児島1-0水戸
10 岐阜 甲府 当たり(2)岐阜1-3甲府
11 岡山 横浜FC 当たり(2)岡山0-1横FC
12 八戸 富山 ココ ハズレ(1)八戸2-0富山
13 鳥取 福島 ココ ハズレ(2)鳥取1-2福島

1 山口ー山形

山形V「2」

【山口】

ホーム最終戦

2連敗中。町田(19位)、琉球(15位)に負け

4連勝と好調だったホーム戦でも琉球に負けた。
失速ぎみと判断。
→2点先制。後半粘れず3失点。

DF前(37試合・2G)出停
MF高宇洋(11試合・0G)U22代表のため欠場

 

【山形】

2連敗中。長崎(12位)、水戸(4位)に負け

前節、長崎戦は先制するも、28分に退場者を出し、
数的不利をカバーできず3失点逆転負け。

こういうのは、もうしょうがない。

現在4位、PO圏争い中。

同じ勝ち点「47」に、山形、水戸、徳島が並びデットヒート。

水戸とは得失点差19で並び、徳島は18で「1」しか差がない。

負けるわけにはいかず、勝ちのみを狙いにいくはず。

DFホドルフォ(10試合・0G)出停。

→山岸が3Gハットトリックで逆転。執念!

 

山口 ホーム最終戦とはいえ、山形とのモチベーションに差があるはず。
山形V「2」

 

2 愛媛ー琉球

本命 琉球V「1」

押さえ D「0」

【愛媛】

ホーム最終戦

直近5試合 1V4L
岐阜にも負けてる。

ホーム弱い
MF長沼(32試合・0G)U22代表のため欠場。
DF茂木(16試合・0G)負傷可能性。
→茂木 ベンチ入らず。

川井監督の続投も決まっているため、残りの試合も次節に向け、いろいろとチャレンジしてくる可能性もある。

【琉球】

アウェイ5戦無敗(3V2D)3連勝中。

FW上門(37試合・14G)出停。かなりイタイ。

樋口監督、あまりスタイルを変えないでスタメン構成するが、今節も同じか?

思い切ったメンバー変更(MFハモン スタメン、FW上原 スタメン外し最後の切り札に)
などがあれば、勝機があるような気がする。

→ハモンのスタメンはなく、上原スタメン。久々のFW。
得点決めた。

 

やはり、ひいきチームなので「負け」を容認できず、
本命 琉球V「1」、抑え D「0」

 

3 京都ー千葉

京都V「1」

【京都】

ホーム最終戦 たけびしスタジアム京都(旧 西京極)も最後になるはず。

PO圏争い 6位との勝ち点差2

引き分け以下ならPO進出消滅の可能性もある。

次節はアウェイで強豪・柏戦。

それ考えると、今節落とせない。

H10V7D3L 強い

【千葉】

前節 J2残留確定。消化試合に入る。

江尻監督 退任発表

FWアラン・ピニュイロ(26試合・2G)微妙
→ベンチ外
MF熊谷アンドリュー(34試合・0G)出停

尹 晶煥(ユン ジョンファン)監督就任も決まり、すでに今期より来期モードか?

モチベーションの差あり。

両チームの状況・モチベーションの差が明確。
京都V「1」

 

4 長崎ー栃木

本命 D「0」

押さえ 長崎V「1」

【長崎】

ホーム最終戦。髙田社長ラストのホーム戦。

前節 山形戦は相手に退場者が出て逆転勝利。

連敗4でストップ。5試合ぶりのV。

波はあるが、髙田社長の恩に対して、「負け」で返すようなら情けない。
(もう、予想というより個人的な感情)

→正直、長崎にはガッカリしました。

【栃木】

降格圏争いの中、ここ2試合は、新潟に2-1V、大宮に0-0D。
上位陣相手に気迫を見せた。
ただ、2試合ともホーム。

アウェイは2V7D10Lとめっぽう弱い。

鹿児島との勝ち点3
降格圏から脱出するには、最低限残り2試合で1勝必要。

今節も必死であることは間違いない。

Dはいけるか?
→Dどころか、勝っちゃった・・・

最後になって栃木が執念を見せ始めてきた。

個人的には「最初からこれくらいの気合を見せていればよかったのに」と思う。

まさかの栃木Vもありえるが、長崎が髙田社長の恩返しする(最低でも負けない)と信じて
本命 D「0」、抑え 長崎V「1」

 

5 東京V-徳島

徳島V「2」

【東京V】

2年連続、徳島のPO進出を最後に阻んでいる。
直近5試合2V1D2Lと安定しない。
H8V7D4L。強い。Dが多い。

DF李栄直(25試合・4G)が北朝鮮代表で欠場。
DFでもあるが得点もしており、特に徳島戦では活躍する。

引いた相手の守備を突破できず、ミスから失点が多い。

相性面では徳島に対し、
直近5戦 3V1D1L
通算  14V7D7L
ホーム戦 9V3D1L

と圧倒的に優位に立っている。

ただ、今季は昨季のような強さもなく、微妙。

【徳島】

前節、横浜FCに負け、無敗記録12でストップ。
(まあ、上位の横浜なのでしょうがない

今節敗れると、PO圏内の自力進出がなくなる可能性。

リーグ総失点 44(平均1.1)
直近3試合失点 2(0.67)

横浜FCに1失点 0-1L(H)
岐阜に0失点  7-0V(A)
水戸に1失点  2-1V(H)

守備はプレスが効き、わりと固い。

次節はHで下位の山口戦。
今節も含め、勝てるチャンスは十分にあり、
連勝を狙うしかない。落とすわけにはいかない。

相性は気になるが、徳島のモチベーションが上と見る。
徳島V「2」

 

6 福岡ー金沢

福岡V「1」

押さえ D「0」

【福岡】
前節は中3日で甲府と対戦。0-2で負けたが、栃木の引き分けにより残留確定。
ひとまず、残留争いからのプレッシャーから解放。

残り2試合はホーム戦(金沢、鹿児島)。
今季初の連勝でシーズンを締めくくりたいところ。

ホーム 4V5D10L と勝ちきれなかったが、ここにきて2連勝中。

DFウォン・ドゥジェ(32試合・0G)U22韓国代表のため欠場。

→凡ミスで2失点。気が緩んでる感あり。

【金沢】

残留は確定済みだが、PO圏内の可能性もない。
モチベーションをどこにもってゆくか難しい。

柳下監督続投決定しているので、そういう意味では、来季も見据えて色々試せる残り2節。

A 7V5D8L 直近5試合で4敗(1勝)しており、勝てなくなってきている。
3敗は横浜FC、徳島、水戸と上位実力チームではあるが・・・

 

2連勝目指し、気合とHアドバンテージを活かすと見て、福岡V「1」
ただ、金沢、垣田あたりがあなどれず、抑えD「0」
→どうせなら、両天秤にすべきだった。福岡、気迫のない試合。金沢のほうが引き締まっている。

 

7 大宮ー新潟

大宮V「1」

【大宮】

ホーム最終戦。
現在3位。自動昇格圏争い。
2位 横浜FCと勝ち点73で並んでいる。

得失点差 横浜FC21 大宮20 と1点差で気が抜けない。

前節の栃木戦0-0が非常に痛かった。

ただ、勝つしかない。

今季リーグ戦 H13V5D2L と圧倒的に強い。

今季リーグ総失点 38(平均0.95)
直近3試合失点   1(平均0.33)

守りも堅い。

琉球戦の印象でも書いたが、イッペイ・シノヅカはキーマン。
やってくれると思う。

→違う意味で「やってくれた」(泣)

【新潟】

PO圏内脱落によりモチベーション下がるかと思われた前節。
ホームで岐阜に2-0V。
(といっても、岐阜はボロボロ状態なので当然。)

直近のアウェイ戦では、福岡、栃木と下位に敗戦。

大宮とのモチベーションの差は明確。

 

無難に、大宮V「1」

→新潟は、外国人含め侮れない。

 

8 町田ー柏

本命 柏V「2」

押さえ D「0」

【町田】ホーム最終戦。

今季後半、せっかく「引き分けの町田」と命名したのに、前節はいい意味で期待を裏切り、ホームで山口に1-0V。

チーム トップスコアラーのMFロメロ・フランク(32試合・8G)いない中粘りを見せた。

あと勝ち点「1」(=ドロー)で残留が決まる。

今節は、最強「柏」、次節はアウェイで現在4位の「山形」。

どちらも気を抜けず、必死状態。

実力差は明白だが、柏は優勝のプレッシャーがなきにしもあらず・・・。

命名「ドローの町田」今こそ発動!

【柏】

「優勝おめでとうございます」
先に言っちゃおうかな。

今節、勝てば、J2優勝&J1昇格決定。
ドローでも、ほぼほぼ間違いなく決定。

GK中村(39試合・0G)
FWオルンガ(29試合・19G)

は、それぞれ代表チーム参加のため欠場。

DF染谷(37試合・2G)は出停。

だけど、選手層はJ1クラス。

クリスティアーノ、江坂、ヒシャルジソンもいるし。
攻撃も問題ない。

まあ、Jリーグを最後まで盛り上げるために、Jリーグの神様がDまでは用意するかも。

ありえんけど、ありえるってのがtoto。
今回は、この枠が・・・

→大きな「読み違い」。ここではなく、栃木と鹿児島でした。

本命 柏V「2」、抑え D「0」

→開始5分で2得点。その時点で決まった。鉄板1点買いで十分だった枠。

 

9 鹿児島ー水戸

水戸V「2」

【鹿児島】

ホーム最終戦。

残留争い。今節勝って、21位の栃木が引き分け以下なら残留確定。

GKアン・ジュンス(36試合・0G)U22韓国代表のため欠場。
厳しくねぇか?

→ GK大西が大活躍。

前節までは、個人的な応援もあり評価を上にしていたが、さすがに・・・。

リーグ総得点 38G(平均0.98)
直近3試合   1G(平均0.33)

厳しくねぇか?

【水戸】

PO圏内の可能性はまだある。
次節は、実力ある岡山なので、下位・鹿児島からの勝ち点「3」はマスト。

FW小川(16試合・7G)U22代表により欠場。
全力落ちるが、鹿児島よりは選手層厚い。

現在2連勝中(ホームではあるが)

アウェイ 8V6D6L と白星先行。苦手ではない。

実力差を信じ、波乱なしと踏む
水戸V「2」

 

10 岐阜-甲府

甲府V「2」

【岐阜】

ホーム最終。3連敗中。最後の意地も見えない。

21位以下(降格圏)は確定している。

今節負ければ、降格確定。

J3藤枝(現在J3で2位。だがJ2ライセンスがない)の順位次第で降格免れる可能性もあるので、残り2勝+他力本願に懸ける。

ただ・・・・

圧倒的に弱い。

今季リーグ総得点 31G(平均0.78)
直近3試合     0G(平均0)

今季リーグ総失点 70(平均1.75)
直近3試合     10(平均3.33)
※徳島に7失点が大きい。

toto的に言えば「穴」だが、予算ないので買えない。

【甲府】

PO圏の可能性あり、まだまだモチベーションは上。

A10V5D5L アウェイ強い。

今季リーグ総失点 39(平均0.98)
直近3試合     1(平均0.33)

守備固い。

FW金園(12試合・5G)が途中出場から2試合連続G(3得点)
金園のおかげで2連勝。

今節も同じパターンありそうな予感。

→65分 金園投入 78分にゴール。出た~っ。
甲府は、次節、琉球でもこのパターンやってくる。
琉球、どう対応するかがポイントだな。

 

こういうところで「穴」出る場合あるが、ここで出たらあきらめる。
実力差信じる。
甲府V「2」

 

11 岡山ー横浜FC

横浜FCV「2」

【岡山】

ホーム最終。

ギリギリPO圏内 勝つしかない。

ただ、ケガ人が多い

FWイ・ヨンジェ(40試合・18G)は、前節出場しているが、
MF仲間(39試合・15G)が欠場。

14:00キックオフなので、スタメン見てから、要検討。

この予想枠は変更するかもしれません。

→仲間 ベンチ入りしてましたが、そのまま変更なしで決断。結果OK。

【横浜FC】

大宮とのし烈な2位争い。

モチベーションとプレッシャーの狭間で、力発揮できるか?

前節 1-0で勝利した難敵・徳島戦
DF武田(23試合・1G)が拮抗した試合の中、76分にゴール。

こういう流れができるチームは「持ってる」と思う。

後で振り返ったとき、「あの試合がポイントだった」っていう試合や
選手・ゴールが出るチームは、やはり強い。

下平監督もさすがの采配が多い。
試合も落ち着かせながら舵取りできそう。

岡山も難敵だが、より負けられない横浜FCが有利と見る。

直近5試合の岡山戦 2V2D1L。
特に直近は2連勝。

 

メンバー状況と「相性の良さ」も加味する。
横浜FC V「2」

 

12 八戸ー富山

本命 富山V「2」

押さえ D「0」

【八戸】

J3初年度ながら、後半は調子を上げてきた。

前節は、3位の群馬と1-1D(A7)。

順位的にもプレッシャーなく今節戦える。

→GK山田が「神セーブ」連発。

【富山】

まだ、昇格にわずかな望み。

現在5位。昇格枠2位の藤枝とは、勝ち点「8」差。

今節 八戸(8位)をV通過すれば、

次節 YS横浜(15位) 最終節 F東京23(17位)と下位対戦。

全勝すれば見えるかすかな望み。絶対に負けられない。

前節 長野(11位)に負けたとはいえ、不運のオウンゴール。

順位相応の実力はあると見る。

J3は分かりません。順位参考。
本命 富山V「2」、抑え D「0」

→そんな「投げやり」だから当たらない。
分からない中でも、何かヒントはないか。
真剣に検討しなかった結果。

 

13 鳥取ー福島

鳥取V「1」

【鳥取】
ホーム最終戦

前節 C大阪23に3-2で意地の逆転勝ち(A)

富山同様、勝ち点「49」。得失点差で富山に大きくリードされているが、
まだ、望みを捨てるわけにはいかない。

次節 沼津(14位) 最終節 北九州(1位)

最終節ハードル高いので、順位下の福島をまずは完全に押さえておきたい。

H最終戦でもあり、モチベーションはあると思う。

 

【福島】

前節は、讃岐(16位)に1-0でV(H)だが、その前は3連敗。

鳥取との直近5試合。2V3L。

特に直近では3連敗中で、相性は良くない。

優勝争いにも絡んでないので、モチベーションは鳥取ほどないと見る。

また、次節はホーム最終戦なので、そこではがんばるかもしれないが、

残るアウェイ戦 今節含め2試合あり、今回は終盤に向けた強いモチベーションも持ちにくい。

ただ、プレッシャーない分、のびのびやれそうな気もするが・・・。

J3はわかりません。順位参考&ホーム最終戦アドバンテージ。
鳥取V「1」

→12枠と一緒。
そんな「投げやり」だから当たらない。

分からない中でも、何かヒントはないか。
真剣に検討しなかった結果。

 

以上。

あくまで、素人予想ですのでご参考までに。

購入回数(1115回~) 14回
通算的中数 96/182
通算的中率 53%

 

次回は、キャリーオーバー&またW杯予選対象試合じゃぞ。
おぬし、試練はつづくのぅ。
自分に向き合うことじゃのぅ。
toto神さま

答えは教えずに、toto神さまは消えてった・・・・。

※アイキャッチ画像は
トムセン少佐さんによるイラストACからのイラスト。 感謝。

-予想結果&振り返り

Copyright© toto予想とJリーグ情報で1等当選「トトのいました」  , 2020 All Rights Reserved.