予想結果&振り返り

名古屋・大分・町田は全く予想外(1135回 振り返り)

投稿日:2019年11月11日 更新日:

サッカーくじトトの結果をpdcaサイクルでしっかり振り返る

サッカーくじトト8試合的中アイキャッチ画像

 

 

 

しゅうちゃん
波乱が出る枠、見当違い(泣)
試練じゃのぅ。前節の印象に引きずられておらんか?
toto神さま
しゅうちゃん
神戸?G大阪?町田?
J1は2週間空くのぅ。その間にチーム印象、変わるかのぅ? 
ガラッと変わるチームがありそうじゃ
toto神さま
しゅうちゃん
toto神さま、そこをお教えいただければ・・・
試練じゃのう。
toto神さま
しゅうちゃん
toto神さま~っ

また、消えてった・・・・。

さあ、落ち込む時間があれば、総括し次につなげよう!

あくまでもポジティブ思考!

黄色マーカー → 読みが〇

赤マーカー  → 読みが×

赤太文字は、追加メモ。

↓それでは、予想記事の振り返り
いってみよう!

 

 

キャリーオーバー発生中。

次回は、また、W杯予選の当てやすい回。

しゅうちゃん
ん?怪しい

今回も1等当選0でWキャリー。
次回、ひろーく当選&還元のパターン?

であれば、1口当選出るか、出ないか。

その1口を狙う方向で、今回も波乱が数試合あると踏んでます。

J2の試合が怪しそう・・・・。

→結局、J1も波乱アリ。

1135
ホーム アウェイ 予想 結果
H勝
(1)
H分
(0)
H負
(2)
横浜FM 札幌 当たり(1)横FM4-2札幌
名古屋 神戸 ハズレ(1)名古屋3-0神戸
C大阪 湘南 当たり(1)C大阪1-0湘南
仙台 清水 当たり(1)仙台2-0清水
大分 G大阪 ハズレ(1)大分2-1G大阪
磐田 FC東京 当たり(2)磐田0-1F東京
鳥栖 松本 ハズレ(1)鳥栖1-0松本
山形 長崎 ハズレ(2)山形1-3長崎
町田 山口 ハズレ(1)町田1-0山口
10 千葉 東京V ハズレ(0)千葉0-0東京V
11 鹿児島 当たり(1)柏3-0鹿児島
12 栃木 大宮 当たり(0)栃木0-0大宮
13 金沢 岡山 当たり(0)金沢1-1岡山

1 横浜FMー札幌

投票率の差が、実力以上に開いている感じ。いきなり怪しい枠。

ただ、横浜FMは負けないと踏む。

本命 横浜FM V「1」

抑えD「0」

【横浜】

1位・鹿島と勝ち点1差の3位。優勝狙える。

現在 リーグ7戦無敗(6V1D)3連勝中。H 10V3D2L ホームも3連勝中。強い

特に、直近リーグ3試合 7G(平均2.33) 2失点(平均0.67)。攻守にスキなし。※ただ、磐田・湘南・鳥栖と下位。

FW仲川(29試合・12G)が復帰予定。MF遠藤(35試合・5G)も良い働き。間違いなく本命。

 

【札幌】

実力はあるのであなどれない。アウェイ 5V3D7L。弱い。

直近リーグ3試合 3G(平均1) 6失点(平均2)。ルヴァン杯があり、ハードスケジュール。目標のACL出場権獲得は、完全に他力次第になってしまった。

ただ、実力はあるので要警戒。

本命 横浜V 「1」 抑え 中波乱D「0」

2 名古屋ー神戸

名古屋に光明が見えない。

神戸V「2」

【名古屋】

8試合未勝利(3D5L) 直近19試合で1Vのみ(7D11L)とにかく勝てない。神戸との対戦も5連敗中。相性も悪い。

DF吉田(29試合・0G)は前回の1発退場のため出停。
DF太田(25試合・1G)も、読めない。
→太田スタメン

とにかく、いいとこなし。
→3G

【神戸】

直近5V3L。安定しないこともあるが、まあ強い。イニエスタいると引き締まる。

FW古橋(27試合・9G)日本代表召集。意気上がっているだろう。

波乱来そうな気もするが、名古屋の良さが見当たらず。
→こういう時こそ、迷わず選ぶべし。

神戸V「2」の一択。

3 C大阪ー湘南

湘南、厳しすぎる。ミラクルはまだ先?

C大阪V「1」

【C大阪】

直近6V1D1L。悪くない。湘南戦 8試合無敗(7V1D)。

FWブルーノ・メンデス(24試合・6G)欠場は厳しいが、今節こそコージー様がやってくれると信じる。

今季リーグ 23失点(平均0.77) 守備が安定している。湘南に負けることはなさそう。

【湘南】

直近8試合勝ちなし(2D6L)。

G大阪に3失点、横浜Mに3失点、川崎に5失点、清水に6失点・・・。この止まらない失点は、急に改善できるものではない。

前々から書いているが、攻守ちぐはぐ。メンタル含めた改善には時間かかりそう。ここに波乱はないはず。
→先発5人入れ替えも効果なし。
→アグレッシブさは戻っている。ただ、残りはF東京、広島戦。厳しいだろう。

C大阪V「1」の一択。

 

4 仙台ー清水

ケガ人の多さで判断

仙台V「1」一択

勝ち点35。6ポイントゲーム。

【仙台】

H7V4D4L と強い。直近リーグ戦H 3D1Lと勝ててないが今節こそ。

DFシマオ・マテ、GKスウォビィクは絶対にいい。守備陣を引き締めている。信じる。

 

【清水】

リーグ3連敗(浦和・広島・磐田)。

今季リーグ 64失点(平均2.13)
直近3試合  6失点(平均2)

守備が悪い。そのうえ、DFファン・ソッコ(23試合・0G)が出停。

FWドウグラス(26試合・13G)、MF西澤(19試合・7G)は脅威だが、
守備がバランス崩しており、攻撃でカバーできてない印象。負傷者も挙げればきりがないくらい多すぎる。

ここは、事前的中3択したい枠だが、思い切って仙台V「1」一択。

5 大分ーG大阪

G大阪に復活の兆し。

本命 G大阪「2」一択

【大分】

直近11試合2V5D4L 調子落ちてきている。
G大阪戦 1V1D6Lと相性も悪い。Hも直近1V3L。
→三平、オナイウ◎

【G大阪】

直近3V1D1L 不調を少し脱しつつある。

MF倉田(28試合・7G)の離脱は痛いが、MF井手口・FW宇佐美・アデミウソンが本来のパフォーマンスを出すようになっている。

調子の差は明らか。

本命 G大阪「2」
→ガンバ負けたが、内容は悪くない。

6 磐田ーF東京

相性で見ると・・・ここも中波乱あるか?

本命 F東京V「2」 抑え 磐田「0」

【磐田】

最下位で厳しいが、リーグ直近4試合2V1D1L。少し勝てるようになった。

FWルキアン(9試合・1G)の加入がポイントか。
MFアダイウトン(32試合・5G)も2試合連続得点で調子復活ぎみ。

そして、FC東京戦 6試合負なし(4V2D) 相性は非常にいい。

【F東京】

アウェイ8連戦の最後。7試合は3V2D2Lとなんとか勝ち越し。

首位争いで、下位戦は絶対落とせない。実力差は明らかだが、相性が悪い。

ちなみに長谷川監督は、指揮を執ったチームでの磐田戦
直近5試合1V1D3L。監督自身も相性悪い。

こういうジンクス信じてみる。

→今回はなかったが、こういうところは押さえておいて後悔はない。

本命 F東京V 「2」 抑え 投票率の低いD「0」

7 鳥栖ー松本

松本 残留力発動中。

松本V「2」一択。

【鳥栖】
リーグ直近5試合 1V2D2L
FW金崎(27試合・7G)が出停明け。だがFWイサック・クエンカ(26試合・6G)が出停。

攻撃のバリエーションが減る。

【松本】

リーグ直近5試合 1V3D1L 直近13試合 2V8D3L。
ドローで粘っている。

直近3試合 2失点(平均0.67)守備がいい。となると、主力FW1人がいない鳥栖の攻撃を防ぎやすい。

残留を確実にするために、堅い守りをベースに点を取りにいくだろう。

松本V「2」一択。

 

8 山形ー長崎

前節 優勝争いのプレッシャーに負けた山形。今節はホームの力を得て勝つ。

山形V「1」一択。

【山形】

今季H 11V3D5L。ホームでは安定。

前節2位から4位に転落。もう負けられない。
意地で勝ち点をもぎ取るだろう。

→出ました、28分、レッド一発退場。
こういうの、どう予感すればいいんだろうか。

【長崎】

リーグ4連敗中。
FW呉屋(33試合・22G)が出停明け。

現在、PO圏内も狙えず、残留争いもない。
モチベーションを下げるか、逆にプレッシャーがない分、のびのびやれるか?

手倉森監督の意識は天皇杯に向いていると見て、
リーグ戦では、モチベーション上がらないと見る。
→64分 吉岡投入。その後G。采配ピタリ。

勝しかない山形は積極的に点を取りに行くはず。

山形V「1」一択。

9 町田ー山口

得点力がネックの町田。Hでのドロー伝説も終わるか?

山口V「2」一択

【町田】

今季リーグ 総得点33(平均0.85) 直近3試合 1G(平均0.33)
1試合1点以下。攻撃力がない。

MFロメロ・フランク(32試合・8G)の離脱が明らかな原因。

現在、ホーム5連Dと粘っているが、続かないと思う。

【山口】

直近5試合2V2D1L。
前節 琉球に負け、ホームでは5連勝ならず。

ただ、内容は悪くなかった。劇的な逆転負けだったが引きずることはないだろう。

また、残留が確定しているので、こちらはモチベーション低下というよりは、
のびのびとできそうな予感。

MF佐藤(24試合・0G)出停明け。守備に圧力が増す。

町田との攻撃力の差が明確。

山口V「2」一択。

 

10 千葉-東京V

千葉 ホーム連戦  東京V アウェイ3連戦目。

日程の利を生かせそうな予感。

千葉V「1」一択

【千葉】

前節 金沢戦 攻撃復活。
FWアラン(25試合・2G)・船山(32試合・12G)が得点。

H2連勝で、最後の勢いをつけたいところ。

【東京V】

アウェイ2連戦で連敗。今節もアウェイ。永井監督がいい形にチームづくりしているが、勢いがそがれた。

DFクレビーニョ(11試合・0G)が出停。

相性では、直近5試合 2V2D1Lと東京V。ただ、今回は「日程の利」で千葉V「1」一択。

11 柏ー鹿児島

柏はプレッシャー。鹿児島は意地。
支持率80%以上は鉄板だが、中波乱はあるかも。

本命 柏V「1」

抑え D「0」

【柏】この試合で勝って、3位横浜FCが引き分け以下の場合、昇格確定。

柏としては、今節 ホームで鹿児島(20位)→アウェイで町田(19位)、ホームで京都(9位)と続く。鹿児島、町田の下位2チームの対戦を確実にものにしたい。

前節は大宮という強豪に負け、勝ち点差も縮められてしまった。大宮がある意味、いいプレッシャーを与えてくれている。

DF染谷(37試合・2G)が出停。ただ、J1クラスの選手層なので、他メンバー代用で問題ないだろう。

基本、支持率80%超えていたら、無条件で鉄板だが・・・

【鹿児島】

前節、岡山に意地のD。栃木が追い上げてきており、残留を決めるには勝ち点GETしかない。

直近5試合負けなし(1V4D)。ドローで意地を見せている。

今回、柏にかかっているプレッシャーをうまく利用して、最低限でも勝ち点「1」をGETしたい。

年に数回、支持率80%の枠で波乱が起きる。

前節は鹿児島の大波乱を予想し、結局Dの中波乱。今回も中波乱はあると見る。

→全くなし。予算ないときは鉄板1択で勝負すべし。

本命 柏V「1」
押さえ D「0」

 

12 栃木ー大宮

実力差あり。ただ、栃木は必死。

本命 大宮V「2」
押さえ D「0」

【栃木】

生き残りをかけた試合が続く。
前節は新潟を撃破。ホーム2連戦。意地を見せるしかない。

このところ、攻撃に行く姿勢が出てきた。

→今節も、必死の姿勢が随所に表れていた。

とはいえ、

今季リーグ総得点 31G(平均0.79)
直近3試合    2G(平均0.67)

と依然、数字上は1試合1点以下。今節は2位大宮。実力差がありすぎる。ただ、意地の「D」はあるかもしれない。

【大宮】

直近9試合 6V2D1L

やはり高木監督ってすごいんだなぁと思う今日この頃。

前節 首位 柏を撃破し2位浮上。今節は、下位の栃木。落とすわけにはいかない。直近7試合 2G以上を上げており攻撃もいい。

今季リーグ 失点 38(平均0.97)
直近3試合  失点      3(平均1)

守備も悪くない。

琉球戦で、じかに見たが、イッペイ・シノズカ、茨田の動きが良く、
→イッペイ・シノズカ○ 
そこにFWファンマ(36試合・12G)、シモヴィッチ(25試合・8G)がいて脅威。

本来なら鉄板だが、ここも「大宮は負けない」という視点から、
中波乱も抑える。

→ここは、いい「読み」だった。

本命 大宮V「2」
押さえ D「0」

13 金沢ー岡山

相性と直近の勢い、モチベーションでは岡山。

ただケガ人多すぎ。

本命D「0」
押さえ 金沢V「1」

【金沢】

PO圏内も厳しくなり、モチベーション低いかも。直近5試合 2V3Lと黒星先行。波に乗れるようで乗れないチームの印象。

今季H 7V9D3L とドローも多い。岡山との直近5試合 1V1D3Lと相性も悪い。

一見、不利だが・・・・

【岡山】PO圏内 6位水戸と勝ち点では並んでおり、まだ狙える。

ただ、前節、下位鹿児島に勝てなかった(0-0 ドロー)はイタい。

しかもケガ人が多すぎて、満身創痍。

さらに、情報だと、攻撃のキーマン

FW イ・ヨンジェ(39試合・18G)、仲間(39試合・15G)が練習中に負傷。

→イ・ヨンジェ スタメン 、仲間 ベンチ外。

どの程度の負傷なのか読めず、また、試合が日曜のためメンバーの構成も見れない。

正直、感で「読む」しかない。

→ こういう「感」は大事。今回は当たった。

PO圏に残るためのモチベーションが上回るかもしれないが、
両ストライカー、出場したとしてもパフォーマンス落ちると予想。

本命 D「0」

押さえ 金沢V「1」

以上。

購入回数(1115回~) 12回
通算的中数 84/156
通算的中率 54%

 

あくまで、素人予想ですのでご参考までに。

※アイキャッチ画像は
トムセン少佐さんによるイラストACからのイラスト。 感謝。

-予想結果&振り返り

Copyright© toto予想とJリーグ情報で1等当選「トトのいました」  , 2020 All Rights Reserved.