予想結果&振り返り

予想サイト開始してから、ひどくなってる(泣)(1117回 振り返り)

投稿日:2019年9月1日 更新日:

サッカーくじトトの結果をpdcaサイクルでしっかり振り返る

5試合的中/13試合中

このサイト立ち上げて2回目の予想。
それまで
8試合以上平均的中させてたぞ、俺。
どうした、俺(泣)
我がFC琉球もやばいぞ(泣)

落ち込む時間があれば、
総括し、次につなげよう!

あくまでもポジティブ思考!

黄色マーカー → 読みが〇
赤マーカー  → 読みが×

1 甲府-大宮 ドゥドゥ効果期待
本命甲府「1」抑え「0」

 

リーグ直近 3V1D 1Lの両チーム。
3位と7位の順位ほど実力差が
あるようには思えない。

また24試合出場7得点(チーム2位)
FWドゥドゥが出停明けで出場可能。
ウタカ・ドゥドゥいると、大宮は
守備に気を使わないといけない。

「運」的に言うと、甲府ホーム4試合
勝→負→勝→負なので、今回は「勝」
うーん、根拠に乏しいが。

大宮ホームで公式戦含め1敗のみだが、
最近アウェイで黒星が目立つ。
前節アウェイで愛媛にまさかの大敗。
今節もアウェイ。

高木監督のもと、しっかり修正してくる
はずだが、がんばってDまでかな。

→ 執念のアディショナルタイムPK弾
  ドゥドゥが最後に倒され、大仕事。
  横谷が、前所属 大宮にお返し弾。
  キッカー志願。
  こういう姿勢は次につながるはず。

2 横M-G大  横浜1択の「1」

前節、上位チームが軒並みDの中、
大勝で、勝ち点3をものにした横浜。
3連敗とは思えない爆発力を披露。
仲川・マルコス・新戦力 エリキ&
マテウス、攻撃脅威。

5試合連続DのG大阪。
パトリックに
「ごっつぁんゴール」が出て

→惜しくもオフサイド判定
Dなんてのも入れたいが、
予算なく(泣)
そろそろD伝説も途切れるほうを選択。

ホーム 7V3D2L。
横浜の安定感を信じ、1択。

→予想いい感じ。
 横浜、優勝争い、最後まで絡みそう?

3 松本-大分 拮抗な感じ。
だが・・・反町監督の運にかける!
松本Vの「1」

11試合ぶりVで勢いに乗りそうな松本。
勝ち星に恵まれなくなってきたが、
広島にも守備で対抗できた大分。

昇格組同志の意地の張り合いで、
痛み分け?

だけど・・・

松本 反町監督は、監督として、
大分戦5試合全勝というデータ。

予算ないので、反町監督の運を
信じるしかない。

→こういうので、いつも失敗するが・・・
→やっぱ、こういうのやめよう。

4 神戸-札幌 イニエスタいない
・・・けど、本命「1」抑え「0」

お金あれば何でもできるわけではない
でも
お金あれば何でもできる

最近、「資本主義」の根本を僕に
実感させつつある神戸。

鳥栖戦のイニエスタ70mワンタッチパス
は、素人の僕でも激スゴと分かるもの。
美しかった・・・。

そんなイニエスタは欠場見込みですが、
金満クラブの半端ない補強は、
すぐに効いてきている感あり。

特に、DF酒井&フェルマーレン&
GK板倉。
もろかった守備が、マネーで鋼鉄に。

FW古橋も絶好調。
(イニエスタいてこそ感もあるけど)

直近3試合
両チームとも
10得点2失点。
ということで、札幌Dも抑える。

→札幌チャナティップは、動き良い。
 ジェイも得点力増している。
 全体の攻撃リズムがいいから、
 武蔵にごっつぁんGが入る。

5 鳥栖-仙台 ガンバに変わり
ドロー続くのは仙台?
勇気の「0」1択

トーレス引退を花道で飾れなかった
鳥栖。花道どころか・・・。
1-6という痛恨試合に。

そして、不吉なデーターが・・・。
鳥栖は、これまで6失点以上を喫した
4試合(前節含まず)の直後の試合で
1V1D2Lと奮起できてない。

ただ、仙台は、これまたアウェイで、
1V1D9Lと、めちゃくちゃ内弁慶。

スコアレスドローか
金崎・金森・クエンカあたりの1G
で鳥栖先制し
後半、ジャーメイン・長沢・石原
あたりがギリギリで追いつくと妄想

金がないなら、勇気もて!
のドローで勝負!

→ 勇気のかけどころ。見当違い(泣)
鳥栖、前節よりスタメンテコ入れ。
最終ライン変更が効いた?
仙台GKヤクブ、悪くない感じ。
金崎2Gの活躍。豊田入りリズム変わる?

6 C大-川崎 相性と調子で決断
C大の勝利「1」

2017年11月 ルヴァン杯以降、川崎に
公式戦5試合負なし(4V1D)のC大阪。

こういうデーターは信用したときに
toto的には裏切られるもんだが、
今回は信じてみる

もうひとつの根拠としては、
アウェイで強かったはずの川崎が、
最近、勝てなくなってきている。

逆に、アウェイで、パッとしない印象
のセレッソは、2連勝。
その勢いをホームにも持ってきそう。

ということと、

直近3試合 3失点のセレッソに比べ、
下位3チームに7失点の川崎。
明らかに、守備力が落ちてきている。

ということで、セレッソに賭けてみる。

J1ひいきチームの川崎様
今回は、ごめんなさい。ゆるしてね。

→ほんと川崎様、ごめんなさい。
 当たってしまいました。
 C大阪、ついに我が鈴木コージー選手
 に、待望のJ1初ゴール!
 嬉しい・・・が、戻ってきて!
 琉球の窮地を救って!コージー様!

7 長崎-東V 実力伯仲、カギは監督か?
長崎V外し「0」「2」

前回予想で、ベルディは、「永井監督
になって息を吹き返しつつある」と
書いたが、その通り、水戸を撃破。
今回もその流れも踏まえつつ。

ホーム長崎は、FW呉屋が4試合6ゴールと
爆発中。そこも侮れない。
手倉森監督、2試合停止処分明け。
前節の勝利は、
「監督がベンチにいなかったから」
とみるか
「監督がベンチにいなくても」
とみるか

どちらかというと、
僕的には、「ベンチにいないほうが(笑)」

ということで、呉屋は脅威だが、
長崎のVはないと判断する。

→ここは、迷った枠。
 当初通り「両天秤」選ぶべきだった。
 あまりD入れすぎるとよくない。

8 徳島-京都 中波乱の予感
本命京都「2」抑え「0」

我が琉球から6Gを奪い、
コテンパンにやってくれた徳島。
2連勝中。
でも、福岡含め連勝は下位から。

リーグ直近、10試合ほど見ると、
下位からは勝ち星上げているが、
上位には勝てない印象。

一方、京都は、リーグ戦直近、
10試合見ると、水戸ちゃんのみ
苦戦。
下位にも、最低Dの印象。

現在2位。
1位の柏と勝ち点差9。
3位大宮と勝ち点並んでいる。
負けると、3位に落ちる可能性。

そして、柏の独走を阻止するため
意地でもD以上の結果を残すはず。

→ 京都、少し力落ちてきているという
 最近感じる自分なりの視点を大事に
 できなかった。
 次節は、これも加味する。
 徳島、守備いい。
 実力上がってきている。

9 町田-千葉 同勝ち点だが
復調ぎみ町田に期待「1」

前回予想「相馬監督体調不良が
チーム状況示している」が大外れ。
そのまま辞任かと思ったが、
今節復帰みたいで、
単に、ほんとの体調不良だった。

2試合連続0封と守備が安定し
格上の岡山から3点を奪った。
今節も流れに乗ると予想。

ホーム戦績2V6D6Lと
奮ってない
が、
千葉もアウェイ3V6D6Lと苦手。
しかも、上位下位含め4連敗中。

流れは、町田にあり!?

→ドローを抑える予算がなかった。
 こういう枠は、苦しい。
 でも、町田の調子は上がってきている
 次回は、そこも踏まえて考える。

10 金沢-鹿児島 鉄板確定!
金沢勝利「1」の1択

前回、「調子の上がってきている
金沢を信じる」と一択が的中。

今回は、さらに自信をもって一択。
今季2度目の3連勝。
4連勝の壁はあるし、
ホーム5V8D1L
と負けはしないがドロー多いのが
気にはなるが。

鹿児島は、アウェイ1V3D9L。
アウェイめちゃ弱。
主力MFニウドも出停。
直近3試合10失点。
守備力は一朝一夕で改善できない。

ここは、唯一、自分的に鉄板。

→全く見当はずれになった。
 前回、ダークホースに挙げた鹿児島。
 今回も、その見立てを信じるべきだった。
 我が琉球のライバル、負けてほしいという
 深層心理が判断をジャマした。
 柏戦同様、キャリーオーバーのときに、
 思い切って、勝負に出ないといけなかった

11 山形-横C 盾矛対決!
本命横浜Vの「2」。抑え「0」

予算あれば3択事前的中狙う枠。
3試合負けなし(2v1D)の山形。
リーグ戦 平均0.72失点。
直近3試合 0失点。
守備がいい。

前回の鹿児島戦で大本命にした
横浜。予想通りv。

リーグ戦 50得点
直近3試合 8得点。
攻撃が武器。

リーグ11戦負けなし。9V2D。
だが、下位チームとの対戦が多く、
現時点で順位近く、実力拮抗の
水戸ちゃんとの2戦がD。
(京都のとこでも書いたが、
 水戸ちゃん恐るべし!)

ということで、
今回、順位近い山形
にも負けはしないもののドローは
ありそう。

MFレドミ出停。
活躍中のMF松尾試合出ない。
ということも加味。
(とはいえ、他の若手が活躍中)

スコアレスドロー
1-0、2-0で横浜勝利な感じか?

→予想、いい感じ。
 山形、横浜FCともに、今後も安定しそう。

12 柏-新潟 強すぎるッス。
柏1択。「1」

♪線路は続くよ~ど~こま~でも~
柏11連勝。

直近3試合10得点 2失点。
万全体制でJ1昇格に突き進む!

でもね。
僕は知っている。
連勝はいつか止まることを。
波乱の天使(悪魔?)は
ある日、突然降りてくる。

だけど、今回は、3連敗中の新潟。
しかも柏は、9V3D1Lと、
ホームでめっぽう強い!

新潟は、前節に続き、
中心MF高木が出停。

リーグ 通算 46得点は、
両チーム同じ。

差を分けるのは、「失点」
柏  19失点(1試合平均 0.66)
新潟 41失点(1試合平均 1.41)
この差は大きい。

柏に降りかかる「波乱天使(悪魔)」は、
次々節アウェイ甲府戦でドロー以下

で降りかか。今回は本命1択。

→波乱天使(悪魔?)来てしまった。
他参考予想陣も、ほぼオール1のみ。
キャリーオーバー中はやはり、こういう枠で
大穴狙わないとだめだ。
※金沢戦しかり。

13 福岡-愛媛 攻撃陣爆発
愛媛がやってくれそう 「2」

前半戦よりは復調気味の福岡。
だが、ホームでなかなか勝てない。
1V4D9L。

前節、前半、慣れないフォーメーション試し失敗。
今節は、元の3-4-2-1でいくはず。
ただ、今季リーグ 28G(平均0.97)と物足りない

愛媛は、下位 鹿児島に負けたものの、
リーグ直近5試合で4勝1敗。
調子いい。

特に、前回、大宮に5-1で番狂わせ。
直近3試合 10G。
MF近藤、FW丹羽が調子いい
今節は、出ればFW神谷がなんかやってくれそう。
→神谷、後半出場もGなし。

ということで、ここも鉄板に近い、愛媛1択。

→完全に、予想外。
ここは、自分の見当が全くダメだった。
反省し、次に活かすしかない。
データー重視しつつ、引っ張られない。
最後は、自分の感・センスも大事。

アイキャッチ画像は、
トムセン少佐さんによるイラストACからのイラスト。 感謝。

-予想結果&振り返り

Copyright© toto予想とJリーグ情報で1等当選「トトのいました」  , 2020 All Rights Reserved.